最新記事

【おすすめのホームページビルダー7種類】使い方・価格・サポートについて比較紹介

【おすすめのホームページビルダー7種類】使い方・価格・サポートについて比較紹介

個人ブログやアフィリエイト事業の副収入などで、自分のホームページ/ウェブサイトを持ちたいと思う人も多いと思います。
ホームページを運営する場合には、いくつか選択肢があり、下記は主な方法です。

1.ブログサービスを利用する(livedoorブログなど): 難易度 低/月額料金 無料~500円くらい
2.ホームページを制作する(レンタルサーバーなどを用意し、構築): 難易度 中~高/月額料金 無料~3,000円くらい
3.ホームページを制作する(ホームページ ビルダーを利用する): 難易度 低~中/月額料金 無料~3,000円くらい

 
今回は、3番目の「ホームページ ビルダー」について、どのような使い方が出来るのか、また、おすすめのサービス・ツールをご紹介します。

※ホームページを作成することも検討する時によく目にする、Wordpress(wordpress.org)は、上記2番目の方法で使われるため、
ホームページビルダーでWordpressを利用するというケースはほぼ無いはずです。(FTPファイルマネージャーやPHPなどの利用も同様。)

 

ホームページビルダーの使い方・作成手順

いざホームページを制作する際に、ホームページビルダーを使う際、サービスによってもちろん差異はありますが、大まかには下記のような手順で使うことができます。

1. ユーザ登録(有料サービス含め、無料トライアルができることがほとんどなので、まずは無料体験しましょう。)
2. ホームページ・管理画面が開設(テンプレートをベースにした簡易サイトが自動作成されます。)
3. ホームページの基本情報を設定(ページ名称、説明文章、ロゴ、SNSリンクなどを設定します。)
4. ホームページのデザインを選択(テンプレートとして存在するデザインから選択します。)
5. ホームページのメニュー/各ページの作成(組織について、お問合せフォーム、マップページなどを、ホームページビルダーが提供するツールで作成します。)

 

おすすめのホームページビルダーの紹介

以降では、いくつかのおすすめのホームページビルダーと、それぞれの価格や機能についてご紹介します。

 

1. グーペ(Goope)

【グーペの評判】ホームページ簡単作成ツールの使い方・料金などを実際に制作してレビュー

大手通信企業のGMOグループのGMOペパボが運営する、「グーペ(Goope)」のホームページビルダーのサービス。
カフェ、サロン、保育園、ビジネス、マッサージ、レストランなど、様々な業種のユーザ、100,000人以上がサービスを利用しているそうです。

特徴として、スマートフォン・タブレットからでも簡単にホームページ更新ができる点があります。
スマホについては、IOSアプリのみ、アプリも提供しています。

■グーペの機能・契約概要
・価格(月額): エコノミー1,000円 / ライト1,500円 / スタンダード3,500円
・無料体験: 15日間可能
・ディスク容量: エコノミー1GB / ライト5GB / スタンダード50GB
・メールアドレス: エコノミー・ライト10個 / スタンダード100個
・電話サポート: スタンダードのみ可能
・公式サイト: グーペ(Goope)

■グーペの評判レビューはこちら
【グーペの評判】ホームページ簡単作成ツールの使い方・料金などを実際に制作してレビュー

 

2. ペライチ

ペライチのホームページビルダー

3ステップだけでホームページを公開できる、簡単さを押し出している「ペライチ」のホームページビルダー。
①テンプレート選択、②内容を作成、③公開ボタンから公開 だけで、確かに容易にホームページ制作が完了できます。

ページデザイン、内容(コンテンツ)のテンプレートも非常に充実しており、それぞれのコンテンツをドラッグ&ドロップで配置換えも即座にできるので、事業や商品のPR、問合せコンバージョンを重視するランディングページなどの制作にも向いています。

また、ユーザ登録は200,000件を突破しており、多くの事業者に使われています。

■ペライチの機能・契約概要
・価格(月額): スタートプラン0円 / ライトプラン980円 / レギュラープラン1,980円 / ビジネスプラン2,980円
・無料体験: レギュラープランが30日間無料
・ディスク容量: 非公開(公開ページ数が4プラン毎に、1, 3, 5, 10ページの上限あり)
・メールアドレス: 対応なし
・電話サポート: なし
・公式サイト: ペライチ

 

3. ジンドゥー

ジンドゥー(ホームページビルダー)

本社がドイツにある海外製品の「ジンドゥー(Jimdo)」は、世界中で170万ものユーザーに使われている、ホームページビルダーです。

海外発のサービスですが、サイトはしっかり日本語対応されており、作成事例のサイトもおしゃれな感じで、感覚的にはビルダーを使っているのではなく、独自に開発をされたようなデザインです。

プランの幅が広く、また、AI機能が自動でホームページを制作してくれるツールもあります。
また、プログラミング・コーディングができるユーザならもっとホームページを磨くことができる、エディターも提供されています。

■ジンドゥーの機能・契約概要
(ALが自動生成する「ジンドゥー AI ビルダー」ではなく、ジンドゥークリエイターのプラン)
・価格(月額): FREE 0円 / PRO 965円 / BUSINESS 2,460円 / SEO PLUS 4,110円 / PLATINUM 5,190円
・無料体験: FREEのプランは永久に無料利用可能
・ディスク容量: FREE 500MB / PRO 10GB / BUSINESS・SEO PLUS・PLATINUM 無制限
・メールアドレス: 有料プランで独自ドメイン利用の場合に可能
・電話サポート: なし
・公式サイト: ジンドゥー

 

4. WIX

Wixのホームページビルダー

「WIX」はイスラエル発のホームページビルダーのサービスで、世界190ヶ国、1億6,000万人以上の登録ユーザーがいます。

個人事業主、企業、Web デザイナー、フォトグラファー、イラストレーター、ミュージシャン、飲食店など、あらゆる業種のホームページにも対応しており、商品やサービスをオンラインで公開・販売するツールも取り揃えています。

ただのシンプルなホームページ制作だけでなく、ECサイトツール、ロゴメーカー、SEO(検索エンジン最適化)チェックなど幅広く、ホームページと事業活動を支援しています。

■WIXの機能・契約概要
・価格(月額): 無料プラン 0円 / ドメイン接続 500円 / ベーシック 900円 / アドバンス 1,300円 / VIP 2,500円
・無料体験: 14日間全額返金保証対象(14日間まで試しに使い、満足しなかった場合は、全額返金対応)
・ディスク容量: 無料プラン・ドメイン接続 500MB / ベーシック 3GB / アドバンス 10GB / VIP 20GB
・メールアドレス: 有料プランで可能
・電話サポート: 英語、フランス語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語のみ対応
・公式サイト: WIX

 

5. とりあえずHP

とりあえずHPのホームページビルダー

「とりあえずHP」は、好みのデザインを選び、あとは文字と写真だけを投稿すれば、それだけで簡素なホームページが作れる、非常に容易なホームページビルダーです。
ユーザ登録は画面がスムーズに流れ、項目も最低限でとても簡単に登録が完了します。

機能はWIXやJimdoなどに比べれば充実していませんが、逆に必要最低限のみ欲しくて、簡単な操作のほうが良いというユーザには向いていそうです。
簡素な機能ですが、デザインテンプレートは200種類以上、利用ユーザ数は18,300人以上いるそうです。

■とりあえずHPの機能・契約概要
・価格(月額): 2,700円 (初期費用 4,500円)
・無料体験: 30日間無料体験可能
・ディスク容量: 非公開
・メールアドレス: オプションサービス(月額500円)で利用可能(メールアカウント数は無制限)
・電話サポート: なし
・公式サイト: とりあえずHP

 

6. Portfoliobox

Portfolioboxのホームページビルダー

「Portfoliobox」は、スウェーデン発のホームページビルダーで、主に芸術関連の事業者が、自身の作品などのポートフォリオサイトを作成するために、利用されています。

写真家、デザイナー、アーティスト、建築家、メーキャップアーティスト、モデル、音楽家などが主な利用層として挙げられています。
公式サイトを見ると、確かに芸術家が自身をPRするのに合致しそうな、洗練されたデザインが確認できます。

実際に制作されたホームページ(ポートフォリオサイト)のURLリンクが有り、閲覧することが出来るため、大いに参考にすると良さそうです。

■Portfolioboxの機能・契約概要
・価格(月額): LIGHT 0.9ドル / PRO 7.9ドル / PRO PLUS 14.9ドル
・無料体験: 可能
・ディスク容量: 非公開(画像・ページについて、プラン毎に上限数あり。)
・メールアドレス: 別途G Suiteなどの利用が必要
・電話サポート: なし
・公式サイト: Portfoliobox

 

7. おちゃのこさいさい

おちゃのこさいさいのホームページビルダー

ユニークな名前の「おちゃのこさいさい」は、主に店舗がホームページを容易に制作できるための、ホームページビルダーサービスです。

お店への道案内、サービスメニューの紹介、最新情報の案内などの基本的な機能を簡単に作成できるようになっています。
その他にも、クーポン発行、メルマガ、カレンダー、アンケート、ブログなども管理できるようになっています。

公式サイトでは、飲食店、美容室、エステサロン、病院、イベントサービス等のホームページが制作事例として閲覧することができるので、参考にしてみると良さそうです。

■おちゃのこさいさいの機能・契約概要
・価格(月額): ベーシックプラン 850円 / アドバンスプラン 1,700円
 (独自ドメインの利用可否、作成可能ページ数、広告表示の有無などにプランの違い有り。)
・無料体験: 30日間可能
・ディスク容量: ベーシックプラン 500MB / アドバンスプラン 無制限
・メールアドレス: ベーシックプラン 10個 / アドバンスプラン 無制限
・電話サポート: なし
・公式サイト: おちゃのこさいさい
関連するページ
【グーペの評判】ホームページ簡単作成ツールの使い方・料金などを実際に制作してレビュー

通信大手GMOインターネットのグループ会社「GMOペパボ」が運営する、「グーペ(Goope)」。 非常に簡単な操作で、個人や法人事業のためのホームページを制作することができるツールです。 グーペの公式 ページを読む

About Satoshi Abe (安部 怜史) 26 Articles
SEOや多言語のウェブメディア運営を専門としたウェブマーケターで、国内・海外の企業のマーケティングに従事しています。 海外企業はイスラエルのIT企業Webselenese、UKの言語学習サービスのスタートアップ企業など。 過去には日本のスタートアップ企業で、日本語・英語・中国語の旅行メディアの制作から運営までリードし、月間200万人以上が閲覧するサイトへ成長させました。 また、東京では2013年からNPO法人も運営し、訪日インバウンド客など約1万人の国際コミュニティを組成し、東京都とも連携してマーケティング・PR施策にも従事しています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA