最新記事

【法人向けレンタルサーバー】おすすめサーバー比較と選び方・個人利用との違いは?

【法人向けレンタルサーバー】おすすめサーバー比較と選び方・個人利用との違いは?

法人事業でのオウンドメディアのサイト運営、低コストでシンプルなコーポレートサイト制作などで利用される、レンタルサーバー。
個人のブログ運営やアフィリエイトサイト収益化などはもちろん、法人の事業運営でも有用です。

大手IT通信企業のGMOインターネットをはじめ、いくつもの企業がレンタルサーバーを法人向けにも展開し、事実、サーバー容量や速度パフォーマンスなどの面で、良いサービスを提供してくれています。

もし大量のデータを扱ったり、本格的なWEBサービスの開発であれば、エンジニア主導でAWSなどを活用するようなケースが一般的ですが、
一般的なレンタルサーバーは扱いが簡単で、マーケターなどWEB系の技術者以外でも扱えるため、法人事業で柔軟に適用できます。

以降では、法人向けにもおすすめのレンタルサーバーについて、選び方や注意点を含めてご紹介します。

 

■目次

法人向けのレンタルサーバーの選び方・注意点
1. サーバーの安定性と速度
2. サーバーのディスク容量
3. サーバーのセキュリティの安全性
4. レンタルサーバー会社のカスタマーサポート
5. 個人でレンタルサーバー利用する時との違いは?

法人向けにおすすめのレンタルサーバーと評価・価格など
1. エックスサーバー: 国内シェアとサーバー速度No.1
2. mixhost(ミックスホスト): サイト表示速度の満足度1位
3. お名前ドットコム・レンタルサーバー: 24時間365日の手厚いサポート
4. さくらのレンタルサーバー: 歴史・実績・プランも豊富
5. ヘテムル: 大容量・高速スピードのレンタルサーバー

 

法人向けのレンタルサーバーの選び方・注意点

サーバーの安定性と速度

レンタルサーバーを選んで法人契約する際、やはり頻繁にダウンすることなく、安定して稼働するかは気になります。
ただ、知名度の高いレンタルサーバー会社のサービスであれば、ほぼ問題なく100%に近い安定性を保っていますので、心配しすぎることは無さそうです。

下記の一覧表とリンク先ページは、以前、実際に知名度の高い国内のレンタルサーバーについて、Wordpressでウェブサイト制作をし、その後約4ヶ月間に渡り、サーバーの安定性とスピードを追ったものです。

いずれのレンタルサーバーも稼働状況が99.99%以上で、大きな問題は生じていませんでした。
もし知名度の低いレンタルサーバーや、他のサービスを選ぶ場合は、何か実際のデータをベースにした数値を参考にして、安定性に注意して選ぶと良いと思います。

レンタルサーバーGTmetrix
速度評価
GTmetrix
読込完了時間
Uptime 安定性
(2019/10~2020/2)
mixhostB (88)1.0秒100%
お名前ドットコムB (85)2.7秒100%
ロリポップ!B (89)1.2秒99.999%
(ダウンタイム : 1分)
エックスサーバーB (89)1.5秒99.999%
(ダウンタイム : 1分)
スターサーバーB (85)1.4秒99.995%
(ダウンタイム : 8分)
バリューサーバーC (71)2.6秒99.999%
(ダウンタイム : 2分)
ヘテムルB (89)2.7秒99.993%
(ダウンタイム : 13分)
さくらのレンタルサーバA (93)3.9秒99.992%
(ダウンタイム : 14分)

【レンタルサーバーの速度比較】おすすめ8社のサーバーの速度と安定性をデータ検証

 

サーバーのディスク容量

契約するレンタルサーバー・プランのディスク容量についても、法人事業の内容次第では、重要度が大きいため、注意が必要です。
もし多くの閲覧ユーザが見込まれるようなウェブサイトを運営する場合、画像や記事のデータが膨らむと、運用に耐えられなくなる恐れもあります。

私自身、旅行メディアサイトを運用していた際、「ロリポップ!」の月額250円のプラン(ディスク容量は50GB)を利用していました。
月間の閲覧数が15万PVを越えるくらいになってからは、アクセス数が多いためか、頻繁にエラーが発生しました。
その後、月額500円/ディスク容量120GBのプランに変更したところ、エラー発生はなくなりました。

レンタルサーバー会社の料金プランのページには、目安となるサイトの大きさ(閲覧数)と、対するディスク容量が説明されていることがあります。
それらも参考にして、契約するレンタルサーバー・プランを選ぶと良いと思います。

なお、下記はあくまで私自身がこれまで契約・運用していたレンタルサーバーと大まかな閲覧数と、サーバーの状況です。

サーバー
プラン
月額
料金
ディスク
容量
月間閲覧数
PV
サーバー状況
使用感
ロリポップ
ライト
250円50GB15万PVエラー発生
限界の模様
ロリポップ
スタンダード
500円120GB30万PV問題なし
さくらサーバー
ビジネスプロ
4,714円500GB150万PV低速化
限界の模様

 

サーバーのセキュリティの安全性

セキュリティ・安全性についても、法人事業次第では、レンタルサーバー選びで重要度が高い可能性があります。

例えば、Wordpressサイトなどを運営していると、数年に一度くらいの頻度で、外部からのDoS攻撃を受けている実情が有りました。
個人でブログやちょっとしたアフィリエイトサイトを運営している程度であれば、データのバックアップを取得していたりすれば、そこまで深刻な事態にはなりませんでした。

しかし、もし頻繁にユーザがサイト利用し、サイトがダウンしているために事業収益が著しく減少するようなことが起きうるのであれば、よりセキュリティ面の強いレンタルサーバーやプランを選ぶと良いです。

具体的な選び方としては、他のレンタルサーバーのユーザと共有するものではなく、専有のIPアドレスを持てる、サーバー1台を丸ごと借りるプランを選んだり、レンタルサーバー会社がセキュリティ面の対処もしてくれるプランなどは良さそうです。

また、レンタルサーバー会社・プランに関わらず、ウェブサイトのSSL、ファイアウォール、WAFなどが利用可能であるかも、レンタルサーバーを選ぶ時にチェックしておくと良いです。(ほとんどの会社が対応していますが。)

 

レンタルサーバー会社のカスタマーサポート

レンタルサーバー会社やプランによっては、電話やメール、チャットなどのサポート対応に、可否や対応時間に違いがあります。

もしいつでもすぐに対応してくれる体制のサービスが良いのであれば、下記などを判断材料としてレンタルサーバーを選ぶのも手です。

・電話での対応をしてくれるか?
・メール/フォームでの対応をしてくれるか?
・平日だけの対応か? もしくは、土・日・祝日も対応してくれるか?
・対応範囲はどこまでか?(契約事務的なことだけか? 技術的な質疑応答もか?)

知名度の高いレンタルサーバー会社はいくつもありますが、意外と会社によってカスタマーサポート対応の状況は異なります。
多くの会社は、平日であればメール・フォームでの対応はしています。
ただし、週末・祝日は返答対応せず、平日のみというところも多いです。

また、電話については、そもそも全く対応していないところもあります。
土・日・祝日となると、更に対応してもらえる会社は相当減ります。

一方で、このカスタマーサポート対応の面でいうと、驚くほど手厚くおすすめなのが、「お名前ドットコム」のレンタルサーバーです。
ここは、技術的な質問(緊急度が高いもの)については、24時間365日で対応してくれます。

法人事業において、ウェブサイトの重要度・緊急度などを基にして、どのようなカスタマーサポート対応が必要か判断し、レンタルサーバー・プランを選ぶと良いですね。

 

個人でレンタルサーバー利用する時との違いは?

法人事業における、レンタルサーバーの選び方・注意点をご紹介しました。
一方、それでは結論として、個人でブログやアフィリエイトサイトを運営する時のレンタルサーバーの選び方と、どのような違いがあるのでしょうか?

結論、個人の小さなサイトと、法人・スタートアップ企業の数社でレンタルサーバーを扱ってきた経験としては、選び方の重要なポイントは大きくは変わらないと思います。
ただし、選び方の注意点の比重が、サイトの重要度・緊急度によって変わり、調整して考えるものだと思います。

例えば、もし個人事業のサイトであっても、常に閲覧者がいて収益を上げ続けているようなサイトであれば、少し高めのレンタルサーバー料金を払ってでも、十分な速度パフォーマンスや安定稼働する容量が必要です。

顧客データを扱うようなサイトならば、よりセキュリティが強い方が良いです。
また、技術面で自信がない場合や、充実したカスタマーサポートが欲しい場合は、その点も重要度を上げてレンタルサーバー・プランの検討が必要です。

一方、そこまで収益も多くなく、趣味に近いようなサイト運営であれば、格安でセキュリティ・サポートがある程度のものでも良いと思います。

法人利用・個人利用のどちらでも、事業・サイトの状況に合わせて、どのポイントを重要度を上げるのか、それとも下げるのかを考えて選ぶと良いですね。

 
 

法人向けにおすすめのレンタルサーバーと評価・価格など

エックスサーバー: 国内シェアとサーバー速度No.1

エックスサーバーの評判は? 料金・サポート・使い方などを検証して紹介

様々なサイトでもおすすめされている「エックスサーバー」のレンタルサーバーは、利用者数・速度パフォーマンスは最高レベルで、法人事業でもおすすめです。
エックスサーバーは大阪に本社があり、国内シェア最大級のレンタルサーバーで、これまでに16年以上の運用実績が有り、170万件以上のサイトに利用されています。

公式サイトで記載されている情報では、国内のシェアとサーバー速度が、レンタルサーバーサービスの中で1位の実績も出ているそうです。
WordpressなどのCMS機能はしっかり揃い、ディスク容量も最大400GBまでのプランが有り、大きめのオウンドメディアサイトでも運用可能だと思います。

もちろん、シンプルなコーポレートサイトを運用する法人向けにも良いと思います。
一番安いプランであれば、月額1,200円で利用できますし、平日は電話でのカスタマーサポート対応も利用できます。

■エックスサーバーの契約情報・機能スペック
・月額価格: 1,200円〜4,800円(最短の3ヶ月契約時)
・ディスク容量: 200GB〜400GB
・メールアカウント: 無制限に作成可能
・SSL: 無料SSL / 有料SSL共に利用可能
・Wordpress簡単インストール: 利用可能
・カスタマーサポート
 - メール/フォーム: 可能
 - 電話: 可能(平日10~18時)
・公式サイト: エックスサーバー

 

mixhost(ミックスホスト): サイト表示速度の満足度1位

mixhost(ミックスホスト)レンタルサーバー評判・レビュー

「mixhost(ミックスホスト)」のレンタルサーバーも、近年よく色々なサイトで紹介されています。
mixhostは、2016年に設立されたアズポケット株式会社が運営しており、まだ他社と比べると新しい新興企業のレンタルサーバーサービスです。

mixhostの公式サイト記載の調査によると、サイト表示速度の満足度が1位であり、確かに速度と安定性は良好でした。
ディスク容量・速度パフォーマンスの面で、法人事業にもおすすめのレンタルサーバーです。

いくつかの料金プランがありますが、最安のものであれば、月額1,380円から利用できます。
そのプランでもディスク容量は250GBあるため、多くのオウンドメディア(月間閲覧数が100万以内)であれば、このプランでも運用できると思います。

更にサイト閲覧数が成長しても、他のプラン(最高で月額22,380円/650GB)で問題なく、法人事業で利用できると思います。

なお、mixhostのレンタルサーバーの特徴としては、「cPanel」という豊富な機能を持つ、サーバーコントロールパネル(管理画面)があることが挙げられます。
他の日本国内のレンタルサーバーでは、あまり多く使われていません。
cPanelは、コンテンツサイトを運営するWordpressなどのCMSツールや、ECサイトの制作ツールなどを簡単にインストールする、豊富な機能を扱えます。

もし法人事業で使いたい機能があれば、それを基準として選ぶのも有りかと思います。

■mixhost(ミックスホスト)の契約情報・機能スペック
・月額価格: 1,380円〜22,380円(最短の3ヶ月契約時)
・ディスク容量: 250GB〜650GB
・メールアカウント: 無制限に作成可能
・SSL: 無料SSL / 有料SSL共に利用可能
・Wordpress簡単インストール: 利用可能
・カスタマーサポート
 - メール/フォーム: 可能
 - 電話: 不可能
・公式サイト: mixhost(ミックスホスト)

 

お名前ドットコム・レンタルサーバー: 24時間365日の手厚いサポート

お名前ドットコム・レンタルサーバー: 24時間365日の手厚いサポート

GMOインターネット社が運営する、ドメイン取得サービスで有名な「お名前ドットコム」のレンタルサーバーは、ディスク容量が250GBとそこそこあり、小中規模の法人でも使えます。

機能面としてももちろん、WordpressのCMS簡単インストール、SSLのセキュリティ対応、メールアカウント利用など基本的なものが揃っています。

更に、法人向けに良い特徴としては、技術的なトラブルに対するカスタマーサポートが、24時間365日の体制で電話応対のサービスを提供している点です。
実際に技術的な内容(ネームサーバー・DNS設定について)で緊急度が高いことがあり、週末の深夜に問合せたことがあります。
深夜であるにもかかわらず、非常に丁寧に、そして豊富な知識で分かりやすくサポートをしてくれたため、非常に好印象です。

重要度・緊急度が高い法人事業のサイト運営などで、カスタマーサポート重視にする必要があれば、選ぶのはおすすめできます。

料金プラン、そしてそれに伴うディスク容量などは1種類しかありませんので、もし更に大きなディスク容量、連なるパフォーマンスが必要であれば、その点は注意して、他社サービスと吟味して選択すると良いです。

■お名前ドットコム・レンタルサーバーの契約情報・機能スペック
・月額価格: 1,300円(1ヶ月契約時)
・ディスク容量: 250GB
・メールアカウント: 無制限に作成可能
・SSL: 無料SSL / 有料SSL共に利用可能
・Wordpress簡単インストール: 利用可能
・カスタマーサポート
 - メール/フォーム: 可能
 - 電話: 可能(24時間365日)
・公式サイト: お名前ドットコム・レンタルサーバー

 

さくらのレンタルサーバー: 歴史・実績・プランも豊富

さくらインターネット/サーバー評判・レビュー

レンタルサーバーサービスで歴史・実績のある「さくらインターネット」のレンタルサーバーも、豊富なプランがあり、個人から法人事業にまでおすすめです。

私自身、WEBサービスを開発するスタートアップ企業でマーケターとして働いていた時、エンジニアメンバーはレンタルサーバーとして好んで使っていました。
活用用途は、本格的なWEBサービスの開発用ではなく、Wordpressをベースにしたオウンドメディアと、WEBサービスのテスト環境用でした。

オウンドメディアは月間100万PVくらいまでは、ビジネスプロのプラン(月額4,714円/ディスク容量500GB)で運用していました。
ただし、そのサイト閲覧数を超すくらいになると、容量の面で運用に耐えられず、低速化やエラーが発生したため、AWSへと変更しました。

さくらのレンタルサーバーには、更に上のプランとして「マネージドサーバプラン」が有りますので、プランの変更も対応方法の1つです。
料金13,200円〜、容量700GBと大きく、サーバー1台専有プランであるため、一般的な共有のレンタルサーバーよりもセキュリティ面も良いとは思います。

また、料金プランの上下に関わらず、平日であれば電話サポートも対応してくれるため、サポート面に比重をおいて選ぶのも有りかもしれません。

■さくらのレンタルサーバーの契約情報・機能スペック
・月額価格: 131円〜13,200円
・ディスク容量: 10GB〜700GB
・メールアカウント: 無制限に作成可能
・SSL: 無料SSL / 有料SSL共に利用可能
・Wordpress簡単インストール: 利用可能(最安のライトプランを除く)
・カスタマーサポート
 - メール/フォーム: 可能
 - 電話: 可能(平日10-18時)
・公式サイト: さくらのレンタルサーバー

 

ヘテムル: 大容量・高速スピードのレンタルサーバー

ヘテムル(heteml)評判・レビュー

GMOグループのGMOペパボが運営する「ヘテムル」のレンタルサーバーは、大容量・高速スピードを売りにしており、法人利用にもおすすめです。

セキュリティのSSL、Wordpress簡単インストールなどの基本機能はもちろん揃っています。
オウンドメディアのサイトや、コーポレートサイトの制作など問題なく出来ると思います。

ただし、ディスク容量は300GBまでなので、大規模で多くの閲覧数となるサイトとなると、容量面が不足するかもしれません。
サイトの成長予測、ユーザ総量を考えて選ぶと良いと思います。

■ヘテムルのレンタルサーバーの契約情報・機能スペック
・月額価格: 1,100円〜2,200円(最短の3ヶ月契約時)
・ディスク容量: 200GB〜300GB
・メールアカウント: 無制限に作成可能
・SSL: 無料SSL / 有料SSL共に利用可能
・Wordpress簡単インストール: 利用可能
・カスタマーサポート
 - メール/フォーム: 可能
 - 電話: 可能(平日10-18時)
・公式サイト: ヘテムル

 
 

レンタルサーバーのおすすめ比較の完全版・法人にもおすすめ!

こちらのページでは、レンタルサーバーの契約・料金プランや、サイト制作・サポート問合せ・パフォーマンスまで徹底検証した結果をもとに、おすすめのレンタルサーバーを比較して紹介しています。

初心者でも比較できるように、メリット・違い、それぞれのサーバーの機能スペック(容量など)、料金(有料or無料)について解説しているので、チェックしてみましょう。

■レンタルサーバーのおすすめ比較の完全版
レンタルサーバーのおすすめ比較: 法人も使えるサービスをテストして紹介
関連するページ
【スターサーバー WordPress】簡単インストール・使い方・設定の方法を解説

高速・格安を訴求する「スターサーバー」のレンタルサーバーは、ドメイン取得サービスの「スタードメイン」と関連したサービスです。 2009年に運営会社の「ネットオウル株式会社」が設立され、スタードメイン ページを読む

【ヘテムル・WordPress】簡単インストール・設定方法・使い方を解説

GMOペパボが展開する「ヘテムル」のレンタルサーバーは、高速を売りにしていて、大容量のスペックも提供しています。 人気のWordpress(ワードプレス)を使うにも便利なインストール機能があり、無料S ページを読む

【ロリポップ・WordPress(ワードプレス)】インストール・使い方・移行機能などを解説

通信大手GMOインターネットのグループ会社、GOペパボが展開するレンタルサーバーの「ロリポップ!(LOLIPOP!)」。 2020年1月時点で利用実績のサイト数が200万以上と、最大規模の国内シェアを ページを読む

【お名前ドットコム・WordPress】インストール・使い方・設定方法まで解説

大手GMOインターネットが提供する「お名前ドットコム」は、登録件数2,200万件以上、国内シェアNo.1のドメイン登録サービスで、レンタルサーバーも提供しています。 お名前ドットコムのレンタルサーバー ページを読む

mixhost(ミックスホスト)レンタルサーバーのWordPress(ワードプレス)のインストールや使い方

2016年設立の「アズポケット株式会社」が展開するレンタルサーバーの「mixhost(ミックスホスト)」。 GMOインターネットとグループ会社など、いくつものレンタルサーバー提供会社がある中で、まだ新 ページを読む

【無料レンタルサーバー比較】おすすめ7サービスの機能・容量・特徴を紹介

無料で使えるレンタルサーバーも増え、無料で豊富な機能が使え、サイト制作も簡単にできるサービスがいくつもあります。同類の目的を達成できる方法として、無料で使えるウェブサイト制作ツールも代替手段として検討 ページを読む

【ブログにおすすめのレンタルサーバー比較】無料からWordPress利用の本格派の4種類。メリット・違いや作り方を解説

自分の好きなデザインのブログにしたり、収益化が重要であれば、月額数100円、もしくは無料でも使えるレンタルサーバーをおすすめします。筆者が実際に活用・検証してみた、一定の知名度が有り信頼でき、ブログ開 ページを読む

【格安レンタルサーバー比較】月額500円台以下の安くておすすめの8つのプラン

初めて個人ブログやウェブサイトを運営しようと思った時に、まずは格安で始めて、それでもしっかり機能を備えた、安心して使えるレンタルサーバーを選びたいと思う人は多いかと思います。今回、各種レンタルサーバー ページを読む

About Satoshi Abe (安部 怜史) 26 Articles
SEOや多言語のウェブメディア運営を専門としたウェブマーケターで、国内・海外の企業のマーケティングに従事しています。 海外企業はイスラエルのIT企業Webselenese、UKの言語学習サービスのスタートアップ企業など。 過去には日本のスタートアップ企業で、日本語・英語・中国語の旅行メディアの制作から運営までリードし、月間200万人以上が閲覧するサイトへ成長させました。 また、東京では2013年からNPO法人も運営し、訪日インバウンド客など約1万人の国際コミュニティを組成し、東京都とも連携してマーケティング・PR施策にも従事しています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA